Brand
診療日時を見る 診療日時を見る

玉村町の
もり歯科クリニックのブログ

フロスとワンタフトブラシの効果的な使い方

カテゴリー/ブログ

セルフケアで歯の汚れをしっかり落とすには、歯ブラシだけでなくフロスやワンタフトブラシも併用することが大切です。しかしせっかく併用しても、使い方が間違っていたら効果があまり期待できません。今回は、フロスやワンタフトブラシの効果的な使い方をご紹介します。

●フロスの効果的な使い方
フロスを食べカスを取る糸ようじのような感覚で使っている方が多いですが、あまり効果はありません。フロスの役割は、歯ぐきの炎症の原因のひとつである、歯ぐきの中にいる細菌を取り除くことです。そのためには、歯の側面にフロスを沿わせるようにして動かし、細菌をこそぎ取りましょう

●ワンタフトブラシの効果的な使い方
歯の形は全て同じではありません。前歯は平らですが奥歯は複雑な形をしていて、構造が全然違います。そのため、歯ブラシも場所に合わせた道具を使い分ける必要があります。奥歯の内側・前歯の裏側・詰め物や被せ物があるところ・歯並びが悪いところ・矯正装置がついているところなどは、特に構造が複雑で虫歯になりやすいです。こういったカーブやすき間に適しているのがワンタフトブラシです。普通の歯ブラシで磨いた後に、ワンタフトブラシに持ち替えて、カーブやすき間を集中的に磨きましょう

●まとめ
歯ブラシだけを使って磨くと、どれだけ長く丁寧に磨いてもブラシがあたっている場所はいつも同じです。大事なのは、細菌が溜まりやすいところを把握して、その部位に合わせた道具を使うことです。適切な道具で適切な箇所を磨けば、力を入れなくても、時間をかけなくても、すぐ汚れを落とすことが可能です

当院では、正しい歯磨きの仕方をお伝えする歯磨き指導や、定期的なお口の中の検診を行なっています。お口の中のことでお悩みがある方は、ぜひ当院までご相談ください。

お風呂で歯磨きをする3つのメリット

カテゴリー/ブログ

毎晩お風呂で歯磨きをするという方もいらっしゃるのではないでしょうか。お風呂で磨くと、洗面所で磨くよりも歯磨きの効果が上がる可能性があります。今回は、お風呂で歯磨きをするメリットについて解説します。

●歯の汚れが落ちやすい
温かいお湯に浸かると身体が温まって、血行が良くなります。そのために歯ぐきが緩み、歯の汚れが落としやすくなります

●丁寧に磨ける
歯磨きは一回15分以上行うのがおすすめですが、多くの方は2〜3分で終わらせているそうです。洗面所で15分磨き続けるのは、長く感じてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、「湯船に浸かっている間はブラッシングをする」ということにすれば、ゆっくりと丁寧に磨くことができます

●肌や髪が活き活きする
湯船に浸かると、身も心もリラックスし、副交感神経が優位になります。その状態で口の中をブラッシングで刺激すると、サラサラの唾液が分泌されます。その唾液の中には、成長ホルモンの一種でパロチンが含まれています。このパロチンが若返りホルモンといわれています。パロチンの分泌で全身の細胞の代謝が活性化し、肌髪を活き活きとした健康な状態になります

●注意すること
銭湯や温泉など公共の場での歯磨きは、マナー違反に当たるので控えましょう。また、浴室に歯ブラシを置きっぱなしにすると、環境によっては黴が生える可能性があるので、風通しの良いところで歯ブラシを保管しましょう。

当院では、正しい歯磨きの仕方をお伝えする歯磨き指導や、定期的なお口の中の検診を行なっています。お口の中のことでお悩みがある方は、ぜひ当院までご相談ください。

50代から高まる歯周病リスクを回避するにはどうしたらいい?

カテゴリー/ブログ

歯と歯の土台の健康は、体全体の健康につながっています。特に、お口の中の環境が悪化する傾向がある50代は、「噛む力」を鍛えて、正しいケアを習慣づけることが大切です。今回は、50代から高まる歯周病リスクを回避するためにどうしたらいいかを解説します。

●歯の土台を意識したケアをしましょう
歯の土台とは、歯ぐきとその奥にある歯槽骨など歯周組織です。家も歯も土台がしっかりしていない場合、沈下したり傾いたりしてしまいます。また、歯の土台が弱まって固いものが食べづらくなると、軟らかいものを好むようになり、さらに噛む力が弱くなってしまいます。こうしたお口の機能の衰えをオーラルフレイルと呼びます。オーラルフレイルは、栄養不足や気持ちの落ち込み、さらに全身の筋力低下につながる可能性があります

●雑な3回より丁寧な1回を心がけて歯磨きしましょう
歯みがきは、最低でも1日1回20分程度、1本ずつ裏表を丁寧に磨くことが理想です。朝・昼・晩に1分程度ずつ雑に磨くよりも、1日1回丁寧に磨く方がお口の中の環境を清潔に保てます。歯ブラシだけでは食べかすや歯垢は取りきれないので、フロスやタフトブラシも併用することをおすすめします

●正しい姿勢で食事を摂りましょう
食事をする時は、背すじをピンと伸ばして、歯で食べ物をすりつぶすようにゆっくり時間をかけて噛みましょう。歯の土台となる歯槽骨の骨芽細胞を活性化することができます。また、歯磨きの後は、しっかり洗った手でマッサージをして血行を良くしましょう。歯茎と唇の折り返し部分、歯と歯の間の歯肉を中心に向かって指でなぞるようにしてください。

●3か月に1回は歯科医院へいきましょう
磨きにくい部分や歯石などは、セルフケアだけでは汚れをおとしきれません。特に歯石の除去は、自分で行うことはできません。専用の器具を使って歯科衛生士が除去を行います。3か月に一度を目安に、歯科医院で歯のケアを受ける習慣を持つことをおすすめします

いかがでしたでしょうか。虫歯や歯周病を早期発見するには、かかりつけ医を作って定期的に検診を受け、お口の中に変化が会った時にすぐに気づいてもらうことが大切です。当院でも定期検診を行なっております。気になったら、まずは一度お問い合わせください。

意外?!歯を磨くべきでない3つのタイミングとは

カテゴリー/ブログ

歯磨きのベストなタイミングは、食事の後に1日3回、晩御飯の後は一番丁寧に10分程度磨いた方が良いとされています。では、歯を磨くべきでないタイミングはあるのでしょうか?今回は歯磨きをするのに適切ではないタイミングを3つご紹介いたします。

●酸性の物を食べた直後
一般的には、食後すぐに歯磨きをすることが望ましいとされています。歯磨きをすることで、食べかすが取り除かれて、歯垢が溜まることを防止できます。しかし、柑橘類やトマトなど酸性の食品を食べた後は、少し時間を置いてから歯磨きをするようにしましょう。酸性の食品を食べた直後は、歯のエナメル質が柔らかくなっています。直後に歯を磨くと、エナメル質を傷つけてしまう可能性があります

●キャンディを食べた直後
糖分が虫歯の原因になることは、一般的に広く知られています。そのため、甘いお菓子を食べたら、すぐに歯を磨きたくなる方も多いことでしょう。しかし、すぐに歯磨きをすると、細菌が作り出す酸がお口の中に広く行き渡ってしまい、かえってエナメル質が浸食される危険が増大する可能性があります。しばらく待てば、酸が唾液で中和されるため、歯磨きでエナメル質を侵食するリスクが低減されます。

●嘔吐した直後
嘔吐した直後は、すぐに歯を磨いて口の中をサッパリさせたい方も多いことでしょう。しかし、嘔吐をした直後は、エナメル質が胃酸にさらされて弱くなっており、歯磨きを急ぎ過ぎるとエナメル質のダメージがさらに大きくなりかねません。エナメル質のダメージを防ぐためには、水あるいはフッ素入りの洗口液で口をすすいで口の中をサッパリさせて、しばらく時間を置いてから歯を磨くようにしましょう

いかがでしたでしょうか、健康な歯を維持するために、ぜひ参考にしてみてください。虫歯や歯周病を早期発見するには、かかりつけ医を作って定期的に検診を受けて、お口の中に変化が会った時にすぐに気づいてもらうことが大切です。当院でもお口の中の定期検診を行なっております。気になったら、まずは一度お問い合わせください。

歯磨きのベストなタイミングは?

カテゴリー/ブログ

歯磨きの回数を気にする方が多いですが、実はさらに大事なのは回数よりもタイミングなんです。今回は、歯磨きのベストなタイミングを解説していきます。

●就寝前にはなるべく10分磨く
一番大事な歯磨きのタイミングは、就寝前です。歯周病菌が寝ている間に繁殖しやすいのは、歯周病菌を抑える働きをする唾液の分泌が少なくなるからです。そのため、寝る前に、歯周病菌の温床となるプラークをしっかり落として、歯周病菌の繁殖を抑えないといけません。同じ所ばかり磨いていたり、当たっていない所があったりと、ただ「10分歯磨きしていれば大丈夫」という訳ではありませんが、きちんとお口全体を磨こうとすると10分程は時間がかかります。

●朝起きたらすぐに磨く
もう1つの大事なタイミングは、朝起きた直後です。朝食後にみがいている方が多いですが、それより重要なのは、起床直後です。朝起きた直後はまだ唾液の分泌が少ないので、お口の中の環境が劣悪な状態です。口腔内には、歯周病菌が溜まっています。朝一番に歯磨きをして、この歯周病菌を取り除きましょう。「起き抜けに白湯を飲む」という美容法が流行りましたが、これは、夜中に口腔内に溜まった歯周病菌を飲み下す行為です。全くおすすめできません。

●まとめ
歯磨きは、寝る前と起きてすぐのタイミングで磨くのが非常に大切です。歯周病菌を溜め込まず、朝にはしっかり口腔内をリフレッシュしましょう。自分に合う歯磨き方法がわからない方は、一度、歯科医院で歯磨き指導を受けましょう。歯磨き指導では、自分に合う歯磨きの仕方や、自分に合う歯ブラシ(大きさや毛のかたさなど)、必要な補助清掃用具を知ることができます。

当院でも歯磨き指導を行っています。気になる方は、お気軽にご連絡ください。

40代はお口の曲がり角?!

カテゴリー/ブログ

歯のトラブルが増える分岐点は40代です。40代で初めて歯を失ったり歯周病にかかる人が多いと言われています。

今回は、老後の歯の運命を決めるといっても過言ではない、40代から始めるメンテナンスについて解説します。


●オーラルケア先進国スウェーデンとの比較

人生100年時代と言われていますが、80代になると、オーラルケアの先進国であるスウェーデン人は平均約20本自分の歯が残っているのに対し、日本人は約15本程度しか残っていません

この差には、日本人の歯のケアに対する意識の低さが関係しています。

日本の歯科治療の技術はレベルが高く、自己負担も原則3割で済むため、予防歯科の概念が薄く、虫歯や歯周病になってしまってから歯科医師に行く、という方がほとんどです。


●キーワードはメンテナンス

現在、歯科医院で定期的なメンテナンスを受診している日本人は10%以下だそうです。

まずは「痛くなったら治療を受ける」から「痛くなる前にメンテナンスをしておく」という予防歯科中心にシフトすることが大切です

今後は、歯科医院で3カ月に1度程度のメンテナンスを受けて、虫歯や歯周病のリスクを格段に下げることを目指しましょう。


●まとめ

実際に痛くなったり、補綴物(詰め物や被せ物など)が抜けたりしてから慌てて歯科医院の予約をとる方が多いのではないでしょうか。歯科検診で初期の虫歯や歯肉炎を見つけることができれば、治療は軽く済ませることができます最終的なコスパも非常に良くなります

当院でも歯科検診を行っております。ぜひ一度お問い合わせください。

歯ブラシを衛生的に使うためには?

カテゴリー/ブログ

虫歯や歯周病を防ぐために必要不可欠な歯磨きですが、歯ブラシの扱い方はあまりご存知ない方が多いです。歯ブラシを衛生的に使えていないと、歯磨きをすることが、むしろ虫歯や歯周病の原因になりかねません

●歯ブラシは定期的に交換する
毛先が開いてしまった歯ブラシをずっと使い続けていませんか?毛先が開いた古い歯ブラシで一生懸命ブラッシングしても、歯磨きの効果はありません。歯石とプラークを正しく取り除くことができず、細菌が増殖し、虫歯ができやすくなります。歯ブラシは定期的に交換しましょう。目安として、1カ月に1回交換することが推奨されています

●歯ブラシは家族で使い回さない
歯ブラシは1人1本、歯ブラシは自分専用のものを用意しましょう。身体に必要な菌が生息する微生物叢は人によって異なります。ある人にとって有益な菌は、別の人にとっては病原菌になり得ます。

●使った後は温水でゆすぐ
歯磨き後は、歯ブラシを洗いましょう。温かい流水で数秒間洗うことが、一番簡単で効率的です。洗ったら、空気に当ててしっかりと乾かしてください。長時間濡れたままにしておくと、細菌が増殖してしまいます。携帯用に持ち歩いている歯ブラシを、使用直後にケースやポーチなどにすぐにしまうのは、実は衛生的によくありません。

まとめ
歯ブラシは1ヶ月に一回程度交換し、自分専用のものを使いましょう。使用後は温かい流水で数秒間洗って、空気にあてて乾燥させてください

当院では、正しい歯磨きの仕方をお伝えする歯磨き指導や、定期的なお口の中の検診を行なっています。お口の中のことでお悩みがある方は、ぜひ当院までご相談ください。

親から子供に虫歯をうつさないために気をつけること

カテゴリー/ブログ

産まれて間もない赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。しかし、両親や祖父母など主には家族によって、お子さんに虫歯菌がうつってしまいます。以下のことは、やらないように気をつけましょう。

●親と子供でスプーンやお箸を共有しない
親御さんが自分のお箸やスプーンで、お子さんにご飯をあげるのは避けましょう。スプーンやお箸を介して、親御さんの口の中にいる虫歯菌がお子さんにうつってしまいます。お子さんには専用のスプーンやお箸を使って、食べさせてあげるようにしましょう。

●噛み与え・口移しをしない
親御さんが歯で少し噛み砕いて柔らかくしてから、お子さんに食べさせるのはやめましょう。食べ物を介して虫歯菌がお子さんにうつってしまいます。口移しも同様の理由で、行わないようにしましょう。

●息でフーフー熱を冷まさない
熱い食べ物をお子さんに食べさせる前に、ついフーフーと息を吹きかけて冷ましてあげたくなりますが、これも虫歯がうつってしまう原因です。唾液が食べ物に入ってしまい、虫歯の感染に繋がります。息を吹きかける代わりに、ハンディファン(手で持てる携帯用の扇風機)を使って冷ましてあげましょう

●キスをしない
つい愛情表現としてしたくなってしまいますが、キスも虫歯をうつしてしまう原因です。親御さんだけでなく、家族みんなが控えるように情報を共有しておきましょう

●自分の虫歯や歯周病を放置しない
家族のお口の中が虫歯だらけであれば、コミュニケーションをとっているうちにお子さんにうつってしまいます。お子さんが生まれる前に、親御さんやご家族の歯の治療をすませておくことをお勧めします

まとめ
かつては当たり前にやっていたことや愛情表現が、実は虫歯をうつす原因になっていることがわかっています。おじいちゃんおばあちゃんが良かれと思ってやってしまうこともあるので、家族内でしっかりと情報を共有しておきましょう

当院では、正しい歯磨きの仕方をお伝えする歯磨き指導や、定期的なお口の中の検診を行なっています。お口の中のことでお悩みがある方は、ぜひ当院までご相談ください。

歯磨きの仕方Q&A

カテゴリー/ブログ

Q.「30分ほど時間を空けてから歯磨きするのがいい」という説もあるようですが、本当ですか?

A.歯は食べた後すぐに磨きましょう。
お口の中に残っている食べカスは、虫歯菌のエサになってしまいます。虫歯菌が食べカスの糖を分解して酸を作り、歯を溶かしてしまうのです。できるだけ早く食べカスを取り除くことで、虫歯や歯周病のリスクを避けられます

Q.歯磨きは時間をかけるほど効果的なのでしょうか?

A.磨きすぎは歯を傷めることもあります。
極端に長い時間をかけて歯を磨いていると、歯や歯茎を傷つけたり、知覚過敏の症状を引き起こす可能性があります。歯の汚れをしっかり取り除くために必要な時間の目安は3分です。大切なのは長さではなく、自分のお口の状態に合った道具を使って正しい磨き方ができているかどうかです。

Q.子供の歯磨きで気をつけることはなんですか?

A.力を入れすぎて磨かないことと、虫歯になりやすいポイントを磨き残さないことです。
親御さんが仕上げ磨きをする時は、膝の上にお子さんの頭をのせる「寝かせ磨き」をすると磨きやすいです。子供が磨き残しやすい箇所は、奥歯の歯と歯の間や噛み合わせの溝、上の前歯の歯と歯の間です。仕上げ磨きで重点的に磨いてあげましょう。

理想的な歯磨きの回数や所要時間は?

カテゴリー/ブログ

●歯磨きは一回につき3分以上
「毎食後に3分間の歯磨きをすること」が推奨されています。根拠は、永久歯28本(親知らずを入れて32本)の歯を綺麗に磨くには3分間ほどかかるからです。

お仕事によっては、毎食後3分間歯磨きの時間を作るのが難しい方もいらっしゃるかと思います。必ずしも毎食後でないといけないわけではありません。

1日1回しか歯磨きできないのであれば、その1回をしっかり時間をかけて歯磨きすれば、虫歯や歯周病になるリスクは低くなります。

●時間より汚れを残さず磨けているかが大切
歯磨きで大切なことは、何分何回磨いたかではなく、汚れを残さず磨けているかです。また、時間をかけて丁寧に磨いたとしても、歯と歯の間の汚れは、歯ブラシだけでは落としきれません。歯間清掃用具を活用しましょう

歯と歯茎の境目の汚れは、デンタルフロスを入れて落とします。また、歯と歯の間を磨く時は、歯ブラシから歯間ブラシに持ちかえましょう。

●正しい磨き方は歯科衛生士に聞いてみましょう
歯磨きは時間をかければいいわけではありません。いかに効率よくしっかりと汚れを落とすかが肝心です。歯並びや歯と歯茎の状態によって、それぞれ最適な歯磨きの方法や道具は異なります。

自分に合う歯磨き方法がわからない方は、一度、歯科医院で歯磨き指導を受けましょう
自分に合う歯磨きの仕方や、自分に合う歯ブラシ(大きさや毛のかたさなど)や必要な歯間清掃用を教えてもらいましょう。

当院でも歯磨き指導を行っています。気になる方は、お気軽にご連絡ください。